美容

プラセンタ効果とポリフェノール効果の違い

赤ワインに含まれるポリフェノールは疲労回復の力があります。
それだけではなく血液をきれいにする、血圧を抑える効果も期待できます。
ですから、主に血液に関して力を発揮してくれます。

これがなぜいいかというと、ご存知の様に、生活習慣病にかかると、血管に影響がでます。
コレステロールが血管内に溜まってしまうと、血液の流れが悪くなります。
それが命の危険に関わる病気へと発展してしまうのです。

そこでポリフェノールを摂取することで血管内を綺麗にし、血がめぐるようにします。
そうすると、代謝が促されるわけです。
プラセンタは、たくさんの栄養素が含まれていて、それを血管内に送り込みます。

そしてプラセンタには成長因子が含まれているために、血行をよくし、細胞の活性化に力を発揮します。
つまり、この二つを同時に取ることで、栄養がたくさん入った血管がスムーズに体のすみずみまで行き渡るようになります。
しかもそれだけではなく、血行がよくなるので、巡りがよくなります。
そうすると、疲れも出にくく、細胞もどんどん新しくなっていき、元気で免疫力の高い体を作り上げることができるのです。
ですから、効果が違いますが、相乗効果を期待できるのがプラセンタと、ポリフェノールなのです。

↓プラセンタは原材料にも注目
 

このページの先頭へ