美容

プラセンタはなぜ精神安定作用があるか?

更年期障害を迎えた女性にプラセンタ療法が非常に効果的であることが分かっています。
更年期障害は周りの人は全然感じていないのに、自分だけやたらと暑い、汗が止まらない、動悸がする、精神が不安定なる、こういった症状をもたらします。
それがどうしてかというと、女性ホルモンに原因があります。

女性は、歳とともに女性ホルモンが分泌されなくなってきます。
少しずつ分泌される量が減ってくるのです。
そして月経が終わると、ホルモンバランスが崩れます。

それが精神の不安定さ、更年期障害につながるというわけです。
大体50歳を超えるくらいでそのときを迎えます。
ですから、ホルモンを安定させる必要があるのです。

そこで頼ることができるのが、プラセンタです。
プラセンタにはホルモンのバランスを整える力があります。
これにより、実際に更年期障害を迎える人の予防に大きな役目を果たしています。

病院で注射してもらうことも可能ですし、普段から、サプリメントという形で摂取することもできるのです。
ですから、実際に精神安定作用があることが分かります。
しかも男性にとっても、疲れをとる、血行をよくするなどの効果があり、健康を保てるのでそれが精神的にゆとりをもたらしてくれます。

このページの先頭へ